コラム

留袖について

2018年08月08日

毎日暑い日が続きますね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今回は、新郎新婦様のお母様が着られる衣装、黒留袖について、

少しご説明させていただきます。

新郎新婦様のお母様が結婚式に出席される場合、着物なら黒留袖を、

ドレスなら結婚式の時間帯や会場の雰囲気に合わせてセレクトします。

留袖にするか、ドレスにするか、悩まれる方もいらっしゃるかと思いますが、

まずは両家で格を揃えることが大切です。

最近ではカジュアルなウェディングも増えたこともあり、

ドレスで出席される方も多くなってきました。

ドレスに比べ、着物は仕度や準備が少し大変なイメージもありますが、

黒留袖を着る機会はほとんどの人にとって結婚式ぐらいしかないので、

ぜひ格式高く留袖を着てみてはいかがでしょうか。

留袖の裾模様には古典柄からモダンな柄ゆきのものまで、

さまざまなバリエーションがあります。

 

伝統の古典柄

黒留袖には古典柄のなかでも、吉祥文様と呼ばれるおめでたい柄が使われています。

末広がりの扇や、長寿を表す鶴など、お祝いの心を込めた格調高い柄が

婚礼という晴れの日にふさわしい華やかさを演出します。

 

洗練のモダン柄

色使いや柄の配置、文様によってモダンな印象の柄ゆきで、

ドレス感覚でコーディネートできます。

最近ではバラや胡蝶蘭など、洋花などが描かれたものも人気です。

ホテルやレストランなどスタイリッシュなインテリアの会場も増えているので、

会場の雰囲気に合わせてモダン柄を選んでみてもいいですね。

 

小柄さん向け

小柄な方は帯から裾の長さが短いため、大きく大胆な柄や、

裾模様の位置高いものだと、柄ばかりが目立ってしまいがちです。

ひとつひとつの柄が小さく、黒地が多めにみえるもののほうが

バランスがいいでしょう。

 

大柄さん向け

背が高い方は、小柄な方とは反対で、帯から裾までが広いので、

大胆で華やかな柄が映えます。

逆に柄の小さいものだと貧相に見えてしまうこともあります。

ぽっちゃりを気にされている方は、斜めのラインですっきり見せるのもおすすめです。

 

<紋付>

黒留袖は染め抜き日向紋の五つ紋付がルールです。

背中と両袖の裏側、そして胸もとに紋がつきます。

<白衿>

以前は、喜びを重ねるという意味から、白羽二重と呼ばれる白い着物を重ねました。

現在は簡略化して、衿が比翼仕立てとなっています。

黒地に白衿が映えるのが黒留袖の美しさです。刺繍衿は付けません。

<帯>

金、銀など着物の柄、格に合わせた袋帯を合わせます。

<帯揚げ>

白の無地が基本です。

素材は薄地の縮緬や紋綸子などで、夏の着物であれば絽や紗のものがあります。

色の付いた華やかなものは合わせません。

<帯じめ>

白や金銀糸を使った平打ちのものが一般的です。

<末広>

黒塗りの骨に、表に金、裏に銀の地紙が貼られた祝儀扇をつけます。

 

簡単ではありますが、黒留袖についてご説明させていただきました。

マリエでは、留袖も古典的なものからモダンなものまで、

多数取り揃えております。

留袖を着るのが初めてで、イメージがつかめない、

どんな柄を選べばいいのか分からないなど、少し不安になられている方も、

お気軽にマリエにお越し下さい。

ご試着いただきながら、留袖選びのお手伝いをさせていただきます。

留袖について、詳しくはこちらをご覧ください。

マリエ四日市店

三重県四日市市芝田1丁目6-2  TEL.059-352-1039
[営業時間] 09:00~18:00
[定休日] 木曜日

MAP-yokkaichi

マリエ四日市店への詳しいアクセス情報はコチラ

マリエ鈴鹿店

三重県鈴鹿市神戸地子町870  TEL.059-384-6130
[営業時間] 09:00~18:00
[定休日] 木曜日

MAP-suzuka

マリエ鈴鹿店への詳しいアクセス情報はコチラ