オリエンタル和装とは?

オリエンタル和装とは?

  ○オリエンタル和装とは

オリエンタル和装

メディアなどで紹介され、徐々に人気と知名度が上がってきている「オリエンタル和装」。
ウェディングドレスと振袖を融合させた、新しい衣装のスタイルとなります。
振袖は、着物の状態から、ハサミを入れたり、縫ったりすることなく、着付けの技術だけでドレスのように変身することができるのです。
着付けの技術・日本の着物の技術って本当にすごいですよね。
特にニーズがあるのは、ウェディングと成人式。
ウェディングでは、「人と違うような衣装が着たい!」「思い出の振袖をもう一度着てお披露目したい!」という方に人気があります。
成人式では、主に前撮りとしての記念撮影にご利用されます。お母さんの思い出の振袖を使用もできますし、マリエの振袖を使用も可能ですので、お好みに合わせてお楽しみ頂けます。

オリエンタル和装は、何といっても和と洋のコラボレーション。外国人の方にもおすすめです。日本へ旅行として・ホームステイなど日本の文化の思い出として記念写真を残されるのも良いですね。
新しいジャンルとしての「オリエンタル和装」。着物ほどカチッとせず、ドレスと組み合わせることで、エレガントな日本美人をぜひご体験下さい。

○オリエンタル和装の振袖の選び方

オリエンタル和装オリエンタル和装のドレスに組み合わせる振袖は特に色や柄が決まっているわけではありません。ご自身でお好きな振袖をお選び頂いてもOKです。
ただ、お写真に映える色・柄というものもありますので、おすすめさせて頂きます。
まず、色ですが、白いドレスと合わせますので、白っぽい色目ですと、ドレスと良く馴染みます。ただ、目立つ印象ではないので、柄に濃い目の色が使われていると、振袖の存在感が出て良いですね。また、逆に、振袖を濃い色を選び、白いドレスとのコントラストをお楽しみ頂くのもOK。赤や青、ピンクや黄色の振袖もぐっとお顔を引き立ててくれます。
その他、ドレスをカラードレスにするのも良いですね。振袖の色と同系色のドレスを合わせることで、振袖との一体感が生まれ、色柄が馴染みます。
色以外にも、振袖選びのポイントは柄です。ドレスに合わせた時、裾まで柄が入っていると豪華に見えますし、胸元にあたる部分にも柄があると、華やかにもなります。このように、振袖は、色柄を意識してお選び頂けると良いと思います。

 

○オリエンタル和装撮影の流れ

オリエンタル和装オリエンタル和装の撮影は、なるべく撮影日までに衣装を決定して頂きます。(ご事情によっては当日も可能な場合もございます)ドレスと振袖をお選び頂きますが、スタッフも一緒にアドバイスさせて頂きます。また、ご試着も可能ですので、ドレスのフィット感などもお試し頂けます。
撮影日当日は、まずは、ヘアメイクから始まります。ご希望のヘアメイクがある場合は、スタッフにお申し付け下さい。撮影の場合、写真に映えるよう、普段のメイクよりも濃い目に仕上げていきます。
次に、着付けとなります。まずはドレスを着て頂き、その後着付け師が特殊な着付けをします。オリエンタル和装は帯もしっかりと巻きます。
撮影は、スクリーン、様々なスタジオロケーションで撮ります。モデルになったような気分でお楽しみ下さい。カメラマンやアシスタントがポーズや表情を引き出します。
撮影後は、お着替えをして、モニターでお写真をゆっくりとご覧頂けます。その際、アルバムなど、お好きな商品をお求め頂けます。

スタッフ一同、お客様のサポートを全力でさせて頂きます。オリエンタル和装を思いっきりお楽しみ下さいませ。

お問い合わせはこちら
四日市店へのお電話059-352-1039 鈴鹿店へのお電話059-384-6130
受付 9時-18時 / 木曜日定休