和装ブライダル

和装ブライダル

和装ブライダル

日本ならではの伝統衣装である着物を着て嫁ぎたい、と考える花嫁さんは
年々増えてきています。
マリエでも、結婚式はウェディングドレスだけで打掛は着ないので、写真だけでも残されたいと、和装のフォトウェディングが人気です。
花嫁さんが結婚式で身に着ける着物の種類は、白無垢、色打掛、引き振袖になります。

白無垢

もっとも格式の高い正礼装です。
武家社会の流れをくむ、古式ゆかしいスタイルです。
古来日本では、白は太陽の光の色とされ、神聖な色とされていました。
白無垢とは、室町時代のころに始まったといわれています。
すべてが白い婚礼衣装のことで、下着から長襦袢、掛下(打掛のしたにきるもの)
、帯、小物類までの一切が白という装いで、髪には角隠しか綿帽子をつけます。
相手のどんな家風にも染まります、という花嫁の意思を示すものだという説もありますが、いずれにしても、清浄を示す白一色の花嫁姿は、凛としていてとても神々しく、見る者の心も清らかに洗われるような気持ちになります。
嫁ぐ日の覚悟を思わせる美しい衣装です。

和装3和装1

色打掛

室町末期から江戸時代にかけては、着物のうえにもう一枚、別の着物を羽織る打掛姿が武家の女性の正装でした。
絢爛豪華な色打掛は、やがて裕福な町人や豪農にも普及します。

本来は、白無垢と同格の礼装で挙式にもふさわしいものですが、現在では神聖な儀式に臨むという思いから、式には白無垢を希望する花嫁が多いようです。
色打掛の場合も白無垢と同様、懐剣と紙入れを懐に入れるのが正式です。
色は白以外も使えるので、着物に合わせたものでコーディネートを工夫することも出来ます。

和装2

引き振袖

江戸時代も後半になると、袖が長く身丈も長く着る着物が出てきます。
裾を引きずるタイプの振袖で、「お引き」「お引きずり」などとも呼ばれています。
この着物が、やがて武家のあいだで正式な婚礼衣装として定着しました。
上流階級ではこの着物に角隠しを合わせたスタイルで嫁ぐのがもっとも一般的だったといわれています。
引き振袖のときは、女性の身だしなみを整えるための道具を入れた「はこせこ」という小物を合わせて持つのが基本です。
明治時代には特に黒地の着物が主流だったといわれています。

引き振袖髪形 洋髪表1

日本髪or洋髪

日本髪は着物の美しさを最大限に引き出す髪型として、着物とともに進化してきたものです。
姿勢や目線、ボリュームのバランスなどが計算されたものなので、着物を着るときには、ぜひかつらでの日本髪スタイルも検討してみてはいかがでしょうか。
クラシカルで格調高い打掛には、正統な漆黒のかつらがよく似合います。
優雅で女らしいうえ、輪郭が引き締まって見え、凛とした花嫁の表情がいっそう際立ちます。
でも馴染みのないかつらは自分に似合うのか不安、打掛は着たいけれどかつらに抵抗があるという方は、洋髪で打掛を着るのもおすすめです。
近頃では、洋髪で合わせる方が多くなっています。
洋髪の場合は、着物の格とボリュームに負けないヘアスタイルにすることが大切です。
タイトでもふんわりでも少し大きめのアップにして、着物の柄や色にリンクしたヘアアクセサリーを合わせると、バランスよく華やかに仕上がります。

和装4引き振袖髪形 洋髪裏1

 

マリエの和装フォトウェディングは、白無垢はもちろん、いろんな色、柄の打掛からお好きな衣装をお選びいただけます。
ヘアスタイルも洋髪から日本髪のかつらまで、お好みのスタイルでお撮りいただけ、とても人気です。

詳しくはこちらをクリック!

マリエ四日市店

三重県四日市市芝田1丁目6-2  TEL.059-352-1039
[営業時間] 09:00~18:00
[定休日] 木曜日

MAP-yokkaichi

マリエ四日市店への詳しいアクセス情報はコチラ

マリエ鈴鹿店

三重県鈴鹿市神戸地子町870  TEL.059-384-6130
[営業時間] 09:00~18:00
[定休日] 木曜日

MAP-suzuka

マリエ鈴鹿店への詳しいアクセス情報はコチラ

 

 

 

お問い合わせはこちら
四日市店へのお電話059-352-1039 鈴鹿店へのお電話059-384-6130
受付 9時-18時 / 木曜日定休