パーティードレス

パーティードレス

 

結婚式パーティードレス

友人の結婚式に招かれたら、嬉しい反面、どんな着こなしで出席すればいいのか悩むこともあるのではないでしょうか? そこで、パーティースタイルの基本的なマナーを少しご説明させていただきます。

ドレスコード

ドレスコードとは、パーティーのフォーマル度や時間帯で指定される身だしなみのことで、礼装、平服に大別されます。 礼装は時間帯によって昼の礼装、夜の礼装に分けられ、さらに正礼装、準礼装に分けられます。 昼はだいたい午後5時ごろまで、夜は午後5時ごろからを指します。 基本的に昼は露出を控え、夜は肌を見せた華やかな装いを心がけましょう。 女性の場合、昼の正礼装はアフタヌーンドレス、夜の正礼装はイヴニングドレスとなります。

フタヌーンドレス

膝丈ぐらいまでのワンピースやドレス、スーツが好ましいスタイルです。 最近では半袖、ノースリーブでもOKです。 ただ、教会式に出席する場合は肌をおおうストールなどを準備しておきましょう。 アクセサリーも大ぶりで派手目なものより、パールや輝きの控え目なもの、 靴やバッグもあまり華美すぎないものが良いでしょう。

イヴニングドレス

デコルテの開いたノースリーブ、くるぶしまであるロング丈のドレスなど 華やかなスタイルです。 正礼装ではサテンなどの光る素材で、肘丈の手袋を着用するのが正式で、 バッグは金や銀、エナメルなどの光沢のあるものを選びます。 準礼装はそこまで厳格な決まりはありません。

ドレス選びの注意点

結婚式の主役である花嫁さんと同じ色である、白の洋服は絶対にタブーです。

花嫁の白いドレスは「純潔」「無垢」「純真」というイメージを具体的に表すもので、意味のあるものとされています。 白は花嫁の色、と心に留めておくとよいでしょう。

次に、ウェディングのパーティーに多い昼間は、露出を控えることが原則です。 以前はゲストも長袖が鉄則だったのですが、現在ではその意識もゆるやかになり、半袖やノースリーブでも大丈夫になりました。 しかし、胸元があらわになるようなセクシーな洋服や、ミニスカートは好ましくありません。

アクセサリーもあまり大ぶりで、ギラギラと光るようなものの多用はおすすめしません。 靴も以前は昼夜ともにつま先が出ないパンプスがフォーマルな履物とされていましたが、時代の変化とともに上品なサンダルなどは許容範囲になりつつあります。

ただフォーマル感のないブーツなどは、パーティーには適さないものとみなされます。 あくまで新婦の友人という意識を忘れずに、上品で好感度の高い服装を心がけましょう。

マリエでは結婚式のお呼ばれや二次会、謝恩会などに着ていただくパーティードレスを多数取り揃えております。

ドレス以外にも、ボレロやショール、アクセサリー、バッグ、パンプス、などドレスに合わせてその他の小物も一緒にレンタルしていただけます。

普段着る機会の少ないパーティードレスは、購入されるより、その時の気分に合わせてお好きなものをお気軽に、レンタルしてみるのもおすすめですよ。

 

ゲスト1ゲスト2

ゲスト3

詳しくはこちら→https://www.rental-marie.com/rental/dress/

マリエ四日市店

三重県四日市市芝田1丁目6-2  TEL.059-352-1039
[営業時間] 09:00~18:00
[定休日] 木曜日

MAP-yokkaichi

マリエ四日市店への詳しいアクセス情報はコチラ

マリエ鈴鹿店

三重県鈴鹿市神戸地子町870  TEL.059-384-6130
[営業時間] 09:00~18:00
[定休日] 木曜日

MAP-suzuka

マリエ鈴鹿店への詳しいアクセス情報はコチラ

 

お問い合わせはこちら
四日市店へのお電話059-352-1039 鈴鹿店へのお電話059-384-6130
受付 9時-18時 / 木曜日定休